スマートアンブレラデザインコンペ 参加者募集

スマートアンブレラデザインコンペ

近年、気候変動による気象災害等が激化し、都市生活に悪影響を及ぼす状況となっています。さらに、新型コロナウィルス感染拡大や猛暑がもたらす熱中症患者の増加等、これまでの経験知では対応しきれない課題が出てきている中で、都市でのレジリエンス向上のためには、ハードの整備だけでなく、新たな生活様式等への転換や適応力を高めることも必要となっており、市民目線での検討、市民生活への浸透もあわせて必要となっています。

そこで、この度、21世紀末に最悪、日最高気温が約4度上昇し、真夏日は約70日増加すると予測される大阪の街並み形成に向けて、都市の暑熱対策、脱炭素化(都市での木材利用)、新たな都市空間の創出に資するスマートアンブレラデザインコンペを実施する運びとなりました。また、本デザインコンペの実装部門の最優秀作品は、都市空間へ実装を目指して、試作し、2021年夏に社会実験を行う事を予定しています。その先には、2025年の大阪万博への提案にもつなげていきたいと考えています。

〇参加方法
下記、参加エントリー「申し込みフォーム」に期日までにエントリーし、別添チラシ記載の提出物を作品提出締切日までにご提出ください。

〇コンペ概要・募集内容・スケジュール等
* 募集期間(作品提出締切):~2021年3月15日(月)
* その他詳細は「別添チラシ」をご確認ください。

〇参加エントリー
* 期限:2021年2月28日(日)まで
* 「申し込みフォーム」は下記URLからアクセスください。
https://onl.tw/Ab81Q6z

〇応募用紙は下記公式ホームページ内からダウンロード願います。
https://wps.itc.kansai-u.ac.jp/ische/2020/12/416

〇主催
スマートアンブレラデザインコンペ実行委員会
((一社)大阪府木材連合会、健都スマートシティ協議会、関西大学暑熱環境プロジェクト研究チーム、大阪HITEC、㈱地域計画建築研究所(アルパック))

〇協賛企業
株式会社 日水コン、株式会社 日建技術コンサルタント、内外エンジニアリング株式会社、株式会社 ニュージェック、ベルテクスグループ 株式会社 ホクコン

〇特別協賛企業
ダイキン工業 株式会社

〇後援
環境省 近畿地方環境事務所(予定)、国立研究開発法人 国立環境研究所 気候変動適応センター、公益財団法人 地球環境センター

〇協力
環境NPO イ・キューブ


スマートアンブレラデザインコンペ公式ホームページ
https://wps.itc.kansai-u.ac.jp/ische/2020/12/416

第2回健都スマートシティ協議会を開催しました

令和2年(2020年)10月13日(火) に、第2回 スマートシティ協議会を開催しました。

協議会の構成団体及び代表、ならびに委員について人事異動等に伴い変更があった旨が報告された後、関西大学環境都市工学部兼清学部長が代表に推薦され、承認されました。

今後の協議会・ワークショップの進め方について説明があり、協議会の方向性及び体制・役割を再確認したうえで、下記の5つのテーマでワークショップを設定し、活動を進めていくこととしました。
<WS1:移動支援・機会の創造>
<WS2:心健やかな環境形成>
<WS3:心臓疾患>
<WS4:行政・シビックテック>
<WS5:暑熱環境適応・熱中症対策>

一人乗りモビリティの社会実装に向けた実験を延期します

2020年2月26日に本サイトにて、「健都(北大阪健康医療都市)において、一人乗りモビリティの社会実装に向けた実験を行います」と発表を行いました。

これまで本実験について、念入りに準備を行ってまいりましたが、新型コロナウィルス感染症対策で25日午後以降の急速な展開に応じ、2月26日、首相官邸で開かれた新型コロナウィルス感染症対策本部の会合で「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベントは大規模な感染リスクがある」と述べられ、今後2週間はイベントの中止や延期、規模縮小を政府として要請する方針を表明したことを受けて、本実験を延期することといたしました。

現時点では具体的な開催日時は未定となっております。日程が決まり次第、本サイトにて改めてお知らせさせていただきます。

健都(北大阪健康医療都市)において、一人乗りモビリティの社会実装に向けた実験を行います

「北大阪健康医療都市(健都)」(以下、「健都」という。)は、JR 京都線岸辺駅に隣接する約 30ha の 区域で、「健康・医療のまちづくり」をコンセプトに、国立循環器病研究センターの移転や、市立吹田市民病院、駅前複合施設・共同住宅、健都イノベーションパーク、健都レールサイド公園の整備などま ちが具現化しつつあります。

このたび、健都において、産学官の連携組織「健都スマートシティ協議会」が主体となり、先進的なモビリティ技術によるユニバーサルでシームレスな駅前の移動手段を構築すべく、一人乗りモビリティ の社会実装実験を行うこととなりました。

今回の実験には、「株式会社テムザック」及び「NPO法人市民ネットすいた」との連携によって行い、吹田市・摂津市の支援のもと実施します。

本事業は、「健康・医療のまちづくり」を掲げる健都において、大学・研究機関・民間企業等の連携 によって、高齢者や障がいを持つ方の快適な移動手段の構築、外出機会の創出を試み、「誰も取り残さない開かれた都市空間で、健康的な暮らしを実感できるまち」の姿を実現しようとするものです。


本実験は、関西大学先端科学技術推進機構 研究倫理委員長より、2月25日付けで以下の承認を得ております。

受付番号19-58 許可番号58 判定 承認
健康まちづくりのオープンイノベーションのためのライフスタイル技術体験実験に関するデータ管理方法について

受付番号19-59 許可番号59 判定 承認
審査対象 健康まちづくりのオープンイノベーションのためのライフスタイル技術体験実験
課題名 健康と環境の好循環をもたらす新しいライフスタイルを実現する技術や社会システムの提案